データ復旧に関す津情報が満載!

あるべきかたちへ

消えてしまった・消してしまったHDDのデータ復旧

データを消してしまった場合、復元するにはどのような方法があるのでしょうか。
うっかりごみ箱に捨ててしまった場合は、元々データがあった領域を上書きさえしなければ、ソフトウェアでデータ復旧が可能です。
たとえごみ箱に捨てたとしても、データに削除フラグが付けられただけで、元のデータは残っているからです。
上書きしてしまった場合、データ復旧の専門業者に頼むことになります。データが消えてしまった場合、論理障害と物理障害が考えられますが、論理障害なら復旧用のソフトウェアを使って、元に戻すことができます。
もし作業中誤ってフォーマットしてしまった場合でも、データを復元してくれるソフトがあります。物理的に壊れてしまった物理障害の場合、それ以上HDDはいじらないほうがいいです。
データを読み込む磁気ヘッドは、プラッタから10nm(ナノメートル)の距離しか離れていないので、開けるにはクリーンルームでの作業が必要になります。
プロに任せることになります。
データ復旧がどうしてもできなかったというなら、それ以上いじらずに気長に技術進歩を待つという方法もあります。

HDDデータ復旧をすればデータにアクセス出来るようになります

パソコンのデータは全てHDDというパソコンの中にある場所に保存されるようになっています。
なので、まとめてデータを保存してパソコンで整理する事で沢山の情報を保存しておく事が出来ますが、便利なので、HDDのデータをそのまま使用している方も多いです。
パソコンは精密機械なので、急に壊れてしまうという事もあります。
この場合HDDにアクセスをする事が出来ず、中身に保存したデータにもアクセスをする事が出来なくなってしまうので、大事なデータを保存している時にはとても困った事になってしまいます。
しかし、別のパソコンに専用のケーブルを繋ぐ事でデータ復旧する事が出来る場合があります。
パソコンが壊れても、データが入っている部分に異常が無ければ取り出す事が可能です。
もしアクセスをする事が出来なくなっていても、専門のデータ復旧ソフト等を使用する事で、もう一度データを取り出す事が可能になる場合もあるので、方法は複数あります。

おすすめWEBサイト 5選

コーチング 研修
http://www.coaching-syst.co.jp/

Last update:2017/5/19

『HDD データ復旧』 最新ツイート

@shindanshi_lv1

情082【RAID】データを複数のHDDに分散することで性能と耐障害性を同時に確保するための技術。読み書きには①ストライピング(RAID0で使用。複数台のHDDに分散して書きこむことで高速化)、②ハミングコード、パリティ(データ復旧用の冗長情報)という技術が利用されている

7時間前 - 2018年07月22日


@kitayamatakeshi

@Chieko_KECTE USBHDDですよね?振動に弱いので、自分が帰るときに手持ちで持って帰る方が良いです。水没してないのであれば、HDDの電源を入れなければ今より状況が悪くなる事はありません。素人がネットの情報を見て下手にいじるとデータ復旧しにくくなります。

7時間前 - 2018年07月22日


@kitayamatakeshi

@Chieko_KECTE HDDからのデータ復旧サービスはあります。状態によりますが数万〜十数万円。こういったサービスを使うつもりであれば、自分ではそのHDDを極力いじらない方が良いです。 https://t.co/TgQAhy0KAO

8時間前 - 2018年07月22日


COPYRIGHT(C) あるべきかたちへ ALL RIGHT RESERVED