データ復旧に関す津情報が満載!

あるべきかたちへ

意外に失敗するRAIDのデータ復旧

例えば、RAID5で運用しているときに一つのHDDが壊れたとして、その時どういう対処が必要かを考えてみると、壊れたHDDを新しいモノと取り替えリビルドすると考えがちですが、実はこれが結構危ないんです。
HDDを取り替えリビルドを行うと、その最中に他のHDDが壊れて間違ったデータを書き込み始めるということが起こり得ます。なぜならば、基本的に同時期に購入された同じメーカーで同じタイプのHDDを使って運用されるため、一つのHDDに問題が発生したということは、他のHDDにも問題が発生している可能性が高いのです。それに、リビルドするとき、今まであまりアクセスしていなかった、ミラーやパリティ領域にアクセスし始めるため、隠れていたエラーが表面化して、さらに事態が悪化したということになりかねません。
また、自分でデータ復旧をしようとしてはいけません。
PCから壊れたHDDをのぞこうとしてHDDの電源を入れてしまうと、さらに損傷が広がりかねませんし、うっかりフォーマットしかねないからです。
データのバックアップを優先させ、リビルドはしない方がいいです。

RAIDのデータ復旧をするには

データを間違って削除して大切なデータをなくしてしまった人は結構多いでしょう。
会社や自分の管理データを誤って消してしまってデータ復旧するには簡単には行かないものです。
特にRAIDのデータ復旧は素人ではデータ復旧はとても大変です。
そんな時はインターネットで問い合わせのできるRAID復旧専門のサイトに問い合わせるととても便利で丁寧に対応してくれます。
プロの方がやってくれるので必ず復旧できますし、また間違いがないので自分の浅い知識ではなく専門家がきちんとやってくれるので大切なデータをきちんとした状態にもどせるので、破損状態で戻ってくることはないです。
RAIDはとても複雑な仕組みなので初心者が自分で復旧することはおすすめできません。
どんなことでもその専門家に任せることは大切です。
それを仕事としている人は自分の知らない情報、知識、テクニックすべてを兼ね揃えているのでとても安心して頼めることができます。
自力ではなく人の力を借りることが大切です。

注目サイト

適性検査サービスのコンパス

最終更新日:2017/9/29

『RAID データ復旧』 最新ツイート


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/axkfr5v4/innorway.net/raid.html on line 72
COPYRIGHT(C) あるべきかたちへ ALL RIGHT RESERVED